日本語English
村上色彩技術研究所

光の光学特性を測る

三次元変角分光測色システム GCMS-3B

三次元変角分光測色システム GCMS-3B

 パ−ルマイカ塗装やラスタ−タイルは、見る方向や光が入射する方向が変わると色が変化して見えます。このような観測角や光の入射角の違いで変化する色を、反射光(透過光)の空間分布として測定出来る変角分光測色システムです。

 入射角、受光角をコンピュ−タで正確に制御し、各角度毎に分光分布の測定を行います。校正後試料をセットし、入射角、観測角(受光角)の変角範囲、測定ステップ角度、表色系などの測定条件を設定するだけで全自動で作動します。

 このようにして得たデ−タは、パ−ルカラ−の開発やコンピュ−タグラフィックスでのシミュレ−ション基本デ−タに使用されたり、幅広い用途に利用できます。


PCコントロール

 

●光源と試料台の動き ●大型自動あおり試料台 ●自動あおり自動面内回転試料台
image image image
image image image image image image image image image image image image image
測定概念図  
image 1. 光源
2. 試料
3. 凹面回折格子
色の光学特性を測る GCMS-11 GCMS-3B GCMS-4 MPCMS-TRA4
光学特性を測る GP-700 GP-200 GP-5