日本語English
株式会社村上色彩技術研究
image
image
image

◆暗幕仕様(大判サンプル用)
image

【試料扉が暗幕仕様はケーブル付きサンプルの測定にも適合!】

 本器HSP-150Vis型(可視領域タイプ)・HSP-150VIR型(可視・近赤外タイプ)は、透過物体(プラスチック、ガラスなど)の全光線透過率、拡散光線透過率、ヘーズ(曇り価)の測定に絶大な信頼と実績を誇るHM-150型をベースとしたヘーズメーターであり、分光方式を採用したことにより、波長毎の透過率・ヘーズ値が得られ、色彩値や黄色度なども測定できる装置です。 光学系は縦型なので、試料を試料台に置くだけで測定でき、大判試料の測定も可能です。
※暗幕型の場合、最大450×450mmサイズの中央が測定可能

【特長】
■ダブルビーム方式の採用により、積分球効率を補正するための補償開口への試料移動は必要なく、操作性の良い高精度な測定が行えます。
■光学系が縦型なので、試料は試料台に置くだけで測定可能です。
■全光線透過率測定規格(ISO 13468-1, ISO 13468-2, JIS K 7361-1)とヘーズ測定規格(ISO 14782, JIS K 7136)を満足し、旧規格 JIS K 7105(廃止済み)による測定も行えます。
■専用のプログラムソフトでパソコン制御するため、全自動型で常に安定した測定結果が得られます。
■分光方式なので、従来のヘーズ値だけでなく、波長毎の透過率・ヘーズを測定でき、JIS Z 8722「色の測定方法」に基づく測色も行えます。
※1 JIS K 7105及びJIS K 7361、JIS K 7136の図解ファイル


PCコントロール

■ 用  途
・太陽電池・自動車・建築材・タッチパネル・LED等関連する機能フィルム(ガラスの波長依存するヘーズ評価)
image
image